-

Aunt Carrot's Blog

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 横浜  

9月の横浜三渓園から。。。no.1



。。。9月中旬のある日、紅葉前の横浜三渓園の秋の散策を楽しんできました。。。


20140921sankeien000.jpg 





20140921sankeien001.jpg 




20140921sankeien001-1.jpg 





20140921sankeien002.jpg 





20140921sankeien003.jpg 





20140921sankeien004.jpg 





20140921sankeien005.jpg 




20140921sankeien021.jpg 

幸せのお裾分けを頂いて。。。





20140921sankeien007.jpg



続きます。


スポンサーサイト

Newer Entry9月の横浜三渓園から。。。no.2

Older EntryJRA60周年記念 第46回愛馬の日.....no.3

 

Comments
Editこんばんは
三渓園、よい所ですよね~~
僕はこう言う日本庭園が大好きなんですよね^^
助手は萩! 芙蓉かな?などと花に目が行っておりますw
素敵な切り取りですね^^
続きを楽しみにしています^^
Edit
こんばんは
コメントありがとうございました

三渓園というのは初めて知りました
画像検索しましたら、とてもキレイな所なんですね
日本庭園は全国にいろいろあれど、ここも良さそうで、行きたくなりました
と言っても東海地方からでは、日帰りでは難しいですね
ハギの花も良いですが、幸せのお裾分けの雰囲気がとても気に入りました!
何か良い事、ありましたでしょうか?
Edit
はじめまして。
昨日はコメントありがとうございました。
横浜ですか・・・さながら京都のような趣のある場所ですね。
北海道では見ることが出来ない風景、楽しませていただきます。
Editこんにちは
三渓園、一度訪れてみたいと思いつつも なかなか行けない場所でございます。
大型遊具があってロードとレインが走っていれば・・・ってそんなのあったら雰囲気がぶち壊しですね^^;
子達がもう少し大きくなったら訪れてみたいと思います。
それまではこちらで楽しませていただきます^^
Editいつもありがとうございます。
土佐けんさん
とても良いところで年に何回も訪れています。
夫との散歩ですから、あまりのんびり撮ってませんで、、(笑)

fukuさん
こちらは原三渓個人の所有であったものを横浜市が
管理するようになったところですが、とにかく広大です。
観光バスも来ますから、もしかしたら東海地方からも
来ておられるかもしれませんよ。
来春に娘がひとり花嫁衣装を着ますので、こんな姿になるのかなぁと
見惚れておりました。
一足先に涙が、、、、、、(笑)

サトちゃん@さん
blogの楽しさは、行ったことのない場所の風景を
居ながらにして楽しませてもらえることですね。
美瑛の風景を楽しませて頂いています。

モカさん
さすがに三渓園は大人の散歩ですね。
それでも小さい子供さんの姿も見かけますよ。
茶店でお団子食べて池で鯉に餌をあげたりして
家族揃って遊んでる姿も見かけます。
ベンチでお弁当を広げてる姿も見かけますよ。
小さい頃からこうした庭園を知っているというのは
良い事だなあと思って見ています。
Editこんばんは
aunt carrotさん

とてもいい写真だと思います。
三渓園、昔はたびたび遊びに行っていたのですがここ6・7年は行っていないような気がします。
萩の花とても好きです。
外を歩くとどこからともなく金木犀の香りがしてきます。
もうすっかり秋ですね。
続きを楽しみにしています。
Edit
萩は好きな草花の一つです 場所を取るので狭い庭には向きませんから
公園などで楽しむしかありませんけれど

の~んびり散策するのもいいもんです。

ナイスです。
Editコメントをありがとうございます。
コロさん
萩の花は良いですね。
溢れるように明るく咲いて周りを楽しくしてくれますね。
どんなに昼間暑くてもさすがに朝晩の空気が
秋を感じるようになりましたね。

ハマのひろさん
紅葉前の三渓園は駐車場も空いていて
楽々でしたよ。
空いている時期の散歩も良いものですね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。