fc2ブログ
-

Aunt Carrot's Blog

Category: 流鏑馬  

京都上賀茂神社笠懸神事...2013.10.20...no.5

普通の流鏑馬の場合、的を射てから馬場元に戻る時、行進して戻ります。

笠懸の場合は四の的、五の的の足元の小さな板的を射る小笠懸をして戻ります。

笠懸は関西では上賀茂神社(京都)、関東では三浦道寸祭り(三浦市)、

北関東では群馬県新田郡笠懸町(現みどり市)で行われています。


小笠懸の四の的は馬の進行方向の右下の的を射る馬手筋違(めですがい)の射法

馬の頭を越えて弓を構える為難度が高いと言われる。



20131020n500.jpg



五の的は左下の的を射る弓手筋違(ゆんですがい)の射法

20131020n501.jpg





20131020n503.jpg



20131020n504.jpg



20131020n505.jpg



20131020n506.jpg



一分の隙もないような凛とした姿。。。。。

20131020n507.jpg


出番待ちの時にみせる女性らしい表情。。。。。

20131020n508.jpg




的の近くで的中の合図を出したり飛んだ矢を拾ったりする所役さん方。。。

お役目の合間の笑顔。。。。いいですね。。。

20131020n509.jpg




三の的と四の的(正面からみれば離れていますが)の所役の方々。。。

この方たちの矢の行方を見守る表情が笠懸の素晴らしさをすべて物語っているようで。。。。。

20131020n511.jpg


スポンサーサイト




Newer Entry京都上賀茂神社笠懸神事...2013.10.20...no.6

Older Entry京都上賀茂神社笠懸神事...2013.10.20...no.4

 

Comments
Edit
小笠懸というものをつい先日まで知りませんでしたが、
1)足元を狙うためには無理な姿勢からの射出が必要
2)体制が崩れるのを立て直して瞬時に次の準備に入らなければならない
などがあり、それでなくとも難しい流鏑馬の難易度が、さらに高くなっているように感じました。
でも、臆することなく挑む射手たち。凛とした姿は美しいものですね。
Edit
おはようございます

動きのはやい流鏑馬のシーンで、緊張感のある表情、そして束の間の和んだ表情をうまく捉えていますね♪ いつもながら感心して拝見させていたたぎました^^
Edit雨の中
お疲れさまでした。
泥と一緒に芝生も飛び散るあたり京都らしいですね。
射手の方々が雨に濡れて大変そうでしたが、それでも果敢に的を狙う表情が素敵でした。
晴れの日とは、また一味違った笠懸を楽しませていただきました。
Editこんにちは
おっしゃる通り 鶴岡八幡宮の階段は、怖かったです腰の骨を
骨折して以来階段が怖いですね しかし登って下をながめると
すばらしい風景に出会えるので頑張って登ってきました
今回の流鏑馬の写真も素敵です 特に出番待ちの時にみせる女性らしい表情という
写真が一番印象に残りました お美しい人が凛としているので余計綺麗にみえます
素敵です

Edit京都上賀茂神社
とうとう京都までお出かけになったのですね。
いろいろな表情を良く撮られています、素晴らしいです。
女性もいるのですね。
難度が上がって成功するのは、喜びでしょう。
その様子を素晴らしく撮る腕もすごいです。
Edit
雨の中流鏑馬参拝お疲れ様でした。
当方は武田流の射手さんにお誘いを受けていましたが所用があって断念。
その代わり土砂降りの中地元群馬で行われた流鏑馬を見てきました。

晴れた時の斜光が印象的な馬場なだけに撮影が難しい条件となりましたね。
射手としては足下の芝が滑りやすくなるだけに難易度がかなり増すことでしょう。

雨の雰囲気が良く伝わる写真ですが、最後から3枚目のM射手の目を閉じた横顔の写真がすごぶる良いですよね。
ただ残念なのが馬の濡れたたてがみも写っていれば人馬共に寒い中堪え忍んでいるのが伝わったと思います。
もし馬に乗っていないようなら矢を入れたかったかな。

ちなみに余談ですが群馬で行われる笠懸は町名の由来になった物ですが武田流の実践的な小笠懸ではなく稲作の出来などを占う余興的な遠笠懸となります。
流鏑馬より的の距離が倍ぐらいになってます。
ひまわり畑の中で行われる大変雰囲気の良い馬場です。
ぜひ一度訪れてみてください。

Edit岬めぐりさんへ
岬めぐりさんに撮って欲しいと願っているのですから、
ぜひぜひ撮ってあげてくださいね。
所用を無用にして馳せ参じてあげてください。

矢ですよね、、、
岬めぐりさんの上賀茂で撮った矢、覚えていますよ。

ひまわり畑の流鏑馬、いつか見に行きます。

いろいろとアドバイスをありがとうございます。
感謝、感謝です。
EditAzTakさんへ
馬上で難しい体勢がとれるのは馬の背にドカンと腰をおろして
いるのでないからだそうです。
馬の背と射手さんの体の間には鉛筆1本ほどの空きがあり、
それを立ち透かしというそうです。
考えただけでも太ももが攣ってきます。
鍛錬を積むということは素晴らしいことですね。
Editなべさんへ
慣れなのですよ。
目が慣れてくれば誰でも撮れます、と思います。
速さに慣れてもなかなかその次が表現できない、、、、
これが難しくて毎回唸ります。
Editやぶなびさんへ
上賀茂は観客席の前の超太い柵が辛いので
今年は撮る場所を変えましたが、
来年はどうするか?又迷ってます。
やぶなびさんも活発に活動しておられて
拝見するのが楽しみです。
Edityoreyoremanさんへ
やっぱり怖かったのですね。
階段を使わない道もあるので、分かっていれば
お教えできたのですが、でも頑張った感激のほうがいいかもですね。
美しい人は良いですよね。
どんな様子も絵になります。
我が夫もファンなんです。(笑)
Editルーシーさんへ
とうとうって、ノルウェーに行ってきた人にしたら
京都って近すぎるでしょ(猛爆)
地元のダイヤモンド富士では道に迷ってばかりなのに
京都は迷わないでいけるのよ(えへへ)
女性の射手さんは鎌倉、三嶋、寒川は出られないので
京都は嬉しかったと思います。
女性がいると華やいでいいですよね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >