-

Aunt Carrot's Blog

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 三浦半島の海岸  

三浦半島海岸線物語。。。荒崎公園。。。no.2

波をみていると飽きることがない。。。

大きく砕けそうな波をつくる水面の高まり、、岩に砕ける波、、、砕けた後のよどみ、、、

高い岩場に登っていることも忘れて見入り途中でしゃがみこんで又見入る。。。

20130917arasaki010.jpg



20130917arasaki012.jpg



20130917arasaki013.jpg



20130917arasaki014.jpg



20130917arasaki015.jpg



20130917arasaki016.jpg



岩場から道に入ると木漏れ日がつくる模様が楽しい。。。

20130917arasaki017.jpg



20130917arasaki018.jpg




20130917aaski019.jpg




20130917arasaki020.jpg



可愛いお魚をとってた人が見せて下さった。

観賞用の魚で家で水槽にいれるのだという。

全部名前を教えてくれたけど、頭のキャパがないから全部こぼれちゃった。。。。。wwwww

20130917arasaki021.jpg



綺麗な富士山をバックに何故か公園の管理会社の人と介護問題とか
年金問題を語りあっちゃって。。。

何故そんな話になったんだっけなぁ~♪

20130917arasaki022.jpg

この日の荒崎公園は富士山と波でおしまい。

ここは、岩がうんと面白い。

今度は岩を撮ってみようかな。。。。。。

                       撮影日 2013年9月17日
スポンサーサイト

Newer Entryある日の散歩から。。。

Older Entry三浦半島海岸線物語。。荒崎公園。。。no.1

 

Comments
Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Editこんにちは
波は見てて飽きないですよね。
no1も拝見すると、たしかに岩を撮ってみたくなるような光景が広がってますね。

<拍手コメントのお礼>
そうでしたか、青森と横須賀では気候が違うでしょうから。
それは残念なことをしましたね。

じつはアスパラの実を見たのが初めてで、なんだこりゃでした。
おまけにあさつゆがたっぷりでちょっとおいしそうにも感じたりして(笑)
Edit海は母
黒い岩。
これは熔岩ですね。
薄い板が重なり合ったように見えます。
先が波で洗われて、丸くなる前に、板状溶岩が剥がれ落ちるのでしょうか。

釣り人が見えます。
この岩が波の下になる頃、魚も波に載って磯辺に餌を探します。
砂地に生きるゴカイはどの魚でも好きです。
大きな天敵の魚が来れば岩の陰に隠れます。
岩周りは魚の宝庫。
その代り、仕掛けがショッチュウ岩にかかり、ハリスを切ります。

其処まで往くと富士山も周辺の美観も視野から消えて見えません。

退職すれば、海辺に居を構えて、魚を釣って遊ぶのが初期の計画でした。
退職して18年。高齢の人生は大きく変化しました。

釣り人と漁船。目に焼きつきました。
今はあのように、岩上には立てません。

マンジュシャゲご覧下さって有り難うございます。
Edit
こんばんは♪

ハイコントラストな絵作りが荒々しい岩場と波しぶきをよりリアルに伝わってきますね♪
気のせいか岩場に砕ける波の音が聞こえてきそうです^^
Editレインボー・オブ・ドリーム さんへ
アスパラは駄目にしてしまいましたが、
義母が送ってくれた茗荷が庭の隅で
育っています。
土が合わないのか少ししか収穫ができなくて
心配の種です。。。。とほほ。
Editijinさんへ
そう、溶岩なのですよね。
三浦半島でも火山活動の痕跡をたくさん見ることが
できるのは驚きです。

ijinさんの撮られた竹林のマンジュシャゲ、とても
印象に残りました。
風と音と色、、、一枚にしっかりと感じました。
あぁした撮り方がしたいと思いました。
Editなべさんへ
足場の悪い海岸線を足元ばかり見ながら歩いていて
突然、高い岩の上に富士山が顔を出したときは
感動しました。
何度も歩いているところでも気づかないところが
たくさんあるものですね。
波の音も感じて頂けて嬉しいです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。