fc2ブログ
-

Aunt Carrot's Blog

Category: 葉山町  

森戸神社 三三九手挟式 (2013.3.20) no.1

石原裕次郎の碑と裕次郎灯台のある森戸海岸の
森戸神社で春分の日に
弓馬術礼法小笠原流鎌倉菱友会によって
三三九手挟式が奉納された。
20130320000.jpg



古来三々九手挟式は、武家社会では正月4日の弓始式の時に限り行われた厳格な弓の儀式で、文武を統べる道として天下泰平を祝う射礼として行われていた
20130320001.jpg



奉納前の儀式。
20130320002.jpg



20130320003.jpg



20130320004.jpg



儀式を終え会場に。。。。。
20130320005.jpg



20130320006.jpg



可愛いお嬢さんも真剣な面持ちで。。。。。
20130320007.jpg



20130320008.jpg




20130320009.jpg




20130320010.jpg



射むしろ(射場)から的まで約20m、的の一辺の長さは前弓は八寸(陰の最大の数)、後弓は九寸(陽の最大の数)と規定され、これは、易学上でも理論づけられている。的は杉又は桧の板的を用い、前弓の板的の裏には十文字の切れ目が入り、後弓の板的の裏には三寸毎の井桁(いげた)の切れ目が入っている。この板的を串に挟んで立て射抜くことから、井桁の数より三々九の挟物といわれている。的の裏には邪魔退散の4文字が形が見えないように書いてある。(森戸神社ブログより)
20130320011.jpg



前弓組5名から始める。
20130320012.jpg



5人で同じ動作をするが実際に射るのは先頭の一名。
20130320013.jpg




20130320014.jpg



射終わると静々と列の最後尾に並ぶ。
20130320015.jpg



20130320016.jpg



20130320017.jpg



繰り返し射たあと射終えた順に腰をおろしていく。
20130320018.jpg



20130320019.jpg


              no.2に続きます。
スポンサーサイト




Newer Entry森戸神社 三三九手挟式 (2013.3.20) no.2

Older Entryさくら2013。。。。横須賀市岩戸

 

Comments
Edit
こういう神事も行われるんですね。伝統ある儀式でしょうから、今後も続けてほしいものですね。
流鏑馬は、始まりこそ京都だったのでしょうが、鎌倉で勢いを得、其の後下火になったのを吉宗の時期に再び盛んにした。そんなことで、数少ない関東優勢の行事かもしれませんね。
EditAzTakさんへ
靖国神社では新春弓始めとして1月3日に奉納されていますから、
AzTakさんも来年にはいかがですか?
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >