-

Aunt Carrot's Blog

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 御殿場市  

真心の定期便・・・御殿場のある町から釜石・鵜住居小学校へ

20151123go000.jpg

長女が嫁いだ御殿場市の朝
11月23日はたくさんの雲の中から富士山が現れた。


20151123go001.jpg

きれいな富士山を毎日見ることのできる御殿場の長女の街では
東北大震災後すぐに有志によって義援金を集めるバザーが開かれ、
その活動は現在も続いている。



以下画像は御殿場市内です。


20151123go002nn.jpg 

現在では釜石市の鵜住居(うのすまい)小学校
この地域から有志のみなさんが年2回バザーを開き、義援金を送り続けている。



20151123go003nn.jpg

鵜住居小学校は海から500mしか離れていないのに日頃の訓練を生かし
隣接の釜石東中学校とともに迅速に避難し
「釜石の奇跡」と言われた小学校。


20151123go005nn.jpg

仮設校舎での勉強はもう4年経過した。
新校舎完成まであと2年。
仮設小学校に入学し、そして卒業する子供がいる。
自宅に帰れば、そこは仮設住宅の子供がいる。
そんな現実に胸を痛めた富士山の麓の街の小さな有志の会が
義援金を送る活動を続けている。


20151123go006.jpg

法事が終わると急いで着替えてメンバーの一員である長女が手伝いに行く。
私たちも、何かお手伝いできればと一緒に行った。


20151123go007.jpg

メンバーのみなさんは明るくて楽しい人ばかり。
手伝うつもりで行ったのに、お茶やむかごご飯をすすめてくださる。
そして、今までの活動内容、義援金、小学校からのお礼の手紙を教えてくださった。


20151123go004.jpg

売れ残った服などを片付ける手伝いをしながら、
きっと娘はこの温かい人たちとこの地で幸せに暮らしていけるんだなと
しみじみと思った。




今、仮設住宅で生活している人は、岩手・宮城・福島の3つの県でおよそ9万人。
最も長い人は8年間も暮らす可能性があるそうですね。




東北に寒い冬がやってきました。
いま何ができるか、どんな現状なのか、改めて真剣に考えさせられた日でした。








ご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加中です。
バナークリックで応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

コメントは下の拍手マークからおねがいいたします。
はじめての方やFC2以外の方はURLを添えてくださいね。
スポンサーサイト

Newer Entry♪ こもれび ♪

Older Entry横浜三渓園~晩秋 no.3


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。