fc2ブログ
-

Aunt Carrot's Blog

Sort by 11 2013

Category: 三浦半島の海岸  

三浦半島海岸線物語。。。油壷湾(三浦市)

油壷の名のいわれ

永生13年(1516年)新井城(今の油壷一帯)を最後の居城として立て籠もった三浦一族が
北条早雲の大軍を相手に、3年間にわたって奮戦したが空しく全滅。
一族の将、三浦道寸義同(みうらどうすんよしあつ)を始めその子、荒次郎義意(よしもと)は、
自刃、その将兵も討死、または油壷湾に投身したと伝えられる。
その為湾一面が血汐で染まり、まるで油を流したようになったので
後世、「油壷」と言われるようになった。   (三浦市)


湾の奥に至るまでに地形的に何段階か折れ曲がっているおかげで外海のうねりが到達せず、

また周囲の岬の高さとそこに生い茂る林が風を防いでくれているおかげで

水面が穏やかに保たれる湾

20131013a000.jpg



20131013a001.jpg




20131013a002.jpg



20131013a004.jpg



20131013a005.jpg



こんなものも見つけた。

東京大学地震研究所 油壷地殻変動観測所

20131013a006.jpg


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >